• ホーム
  • 薄毛の救世主!フィナステリドの発毛効果

薄毛の救世主!フィナステリドの発毛効果

脱毛に悩む男性

男性はホルモンの関係で抜け毛が進行しやすいという特徴があります。
抜け毛は放置していても自然に改善することはなく、どんどん増えていってしまいます。
そこで、薄毛の方の救世主となるフィナステリドという成分があります。
フィナステリドは、もともと前立腺肥大のための薬として使われていましたが、発毛効果があることが分かり、薄毛の治療薬として認可されました。

そもそも、抜け毛になってしまうのは男性ホルモンのうちのジヒドロテストステロンにあります。
男性ホルモンに5aリダクターゼという酵素が結び付くことで、より強力なジヒドロテストステロンになります。
ジヒドロテストステロンは正常なヘアサイクルを阻害することで、本来なら抜けなくてもいい毛が抜けてしまうなどの脱毛症状につながるということです。

フィナステリドは5aリダクターゼを抑制する働きを持ちます。
阻害することで、ヘアサイクルが正常化して、抜け毛を抑えるばかりではなく発毛効果を発揮します。
フィナステリドは薬に含まれている成分の名前ですが、薬の名称としてはプロペシアという名前が有名です。
プロペシアが薄毛治療に欠かすことのできない薬ですが、保険外治療です。

そのため、エフペシアというプロペシアのジェネリック医薬品を使用する人が増えています。
ジェネリックなので含まれているフィナステリドの成分や量などは同じです。
後から作られたので開発費などがかからず、その分プロペシアよりもエフペシアのほうが安いというのが特徴です。

プロペシアもエフペシアも、発毛効果のある薬ですが、1度飲んだだけですぐに髪の毛が生えてくるということはありません。
人間の髪の毛の抜け替わるタイミングとしてヘアサイクルがありますが、数カ月おきに生え変わっているためです。
そのため、発毛効果を実感できるまでには数か月飲み続ける必要があります。
ただ、飲んでいる途中でも髪の毛がしっかりするなどの効果は得られるでしょう。

副作用はある?フィナステリドの注意事項を知ろう

フィナステリドは髪の毛に悩む男性にとって非常に有効な薬ですが、副作用があるということも知っておきましょう。
まず、この薬は5aリダクターゼという酵素を阻害するため、性的な作用があります。
性欲の減退や勃起機能の減少など、男性ならではの副作用です。
この副作用は男性にとってうれしいものではなく、髪の毛と性欲のどちらかを優先しなければいけないと悩む男性もいます。
けれども、性的な副作用が起きる確率は1%ほどと決して高くありません。
もし飲んでみて副作用を感じたら、服用を中止することですぐに元の状態になるでしょう。

また、フィナステリドは毎日飲み続ける薬です。
そのため、肝機能障害を引き起こしてしまうこともあります。
元々肝臓の機能が弱っている人などは事前の検査が必要になります。
人によっては、胸が女性のようにふくらんでしまったり、睾丸にかゆみを感じることもあります。

そして、最も気を付けなければいけないのが、フィナステリドを女性に触らせてはいけないという点です。
5αリダクターゼを阻害することから、もし妊娠中の女性が触ってしまうと、胎児にトラブルが起きてしまう危険性があります。
飲むことはもちろん、触っただけで皮膚から吸収されてしまうので注意しましょう。

このように、フィナステリドはいい薬なのですが副作用には注意する必要があります。
早く発毛効果を高めたいからと言って、医師の指示の倍量を飲むと言ったことは肝臓への負担を強め、副作用ばかりがでてしまうので絶対に行ってはいけません。
この薬は飲み続けることで効果を出すので、自己判断で飲む量を増やしたり、減らすということはいけないことです。
効果がないと思っても最低3か月は継続するようにしましょう。