• ホーム
  • 薄毛に効果があるミノキシジル、種類と特徴

薄毛に効果があるミノキシジル、種類と特徴

はげ始める男性

ミノキシジルは高血圧治療薬として開発されましたが、これを服用することで薄毛を回復できる効果があることが判明したことで、AGAと呼ばれる薄毛の治療薬として応用されることになりました。
ミノキシジルは特に頭頂部の薄毛に対して効果が高いことが分かっています。
かつて日本でミノキシジルを含有した初めての発毛剤が販売されましたが、その時のミノキシジルの含有量は1%程度でした。
その後はミノキシジル濃度が高い製品も日本で販売されて好評を博しています。
しかし海外では初期段階からミノキシジルの含有量が高い製品が販売されていました。

ミノキシジルを含有した薬剤にはミノキシジルタブレットもあります。
ミノキシジルタブレットは薄毛治療の世界でとても注目されました。
それはミノキシジルタブレットが内服薬だったことに起因します。
それまでミノキシジルを含有した薬剤は頭皮に塗布することしかできませんでした。
しかしミノキシジルタブレットは内服薬であったので、これまで困難だった生え際の薄毛に対しても効果を期待でき、さらに体内に取り込まれることで効果的に作用することになります。
体内に取り+BQ429込まれたミノキシジルは、血管を拡張されて血液と栄養を十分に頭皮に届けることで発毛を促進します。
ただしミノキシジルタブレットは日本では認可されていないので、入手するには個人輸入代行を利用することになります。

AGAと呼ばれる薄毛は時間の経過と共に自然回復することはありません。
これには遺伝的な要因や男性ホルモンが深く関係しているので、ミノキシジルなどで治療を行なわなければいけません。
ミノキシジルは効果的な薬剤として認識されていますが、他の薬剤と併用することで効果はさらに高まります。
ただしミノキシジルには副作用もあります。
一般的な副作用というのはかゆみや発疹などです。
もしも使用中にかゆみや発疹が出てきた時は使用を中止し、薬剤師や医師に相談しましょう。

薄毛タイプ別おすすめ治療薬をご紹介します

薄毛のタイプは人それぞれ異なります。
従って薄毛のタイプによって適切な治療薬を使うことが必要です。
まず日本で有名な治療薬にはフィナステリドという有効成分を含有した内服薬があります。
このフィステナリドは体内酵素である2型5αリダクターゼの作用を抑えます。
この2型5αリダクターゼはジヒドロテストステロンの生成に関わっているため、薄毛の原因が作られるのを抑えつつ進行を抑えることができます。
ある程度薄毛が進行しているため、効果の高い内服薬を使って治療したい人に向いています。

また比較的新しい薄毛治療薬として注目されているのが、デュタステリドという有効成分を含んだ内服薬です。
デュタステリドも5αリダクターゼを阻害することで薄毛の進行を抑えます。
しかしフィナステリドと違い、デュタステリドは1型と2型の5αリダクターゼの両方に作用するという特徴があります。
従ってフィナステリドでも目立った効果がなかった人に向いている治療薬です。

そして有効成分ミノキシジルを含んだ治療薬は最も有名で、国内で効果が認められて広く市販されています。
ミノキシジルには血管を拡張させる効果があるので、毛母細胞を活性化させてヘアサイクルを正常にすることで発毛を促進します。
BS475ミノキシジルには外用薬と内服薬がありますので、薄毛の症状に合わせて使い分けることができます。
薄毛の初期段階で使用するなら外用薬でも十分な効果がありますが、もしも薄毛の症状がかなり進んでいるなら内服薬を使用します。
それでも目立った効果が無ければ、医師の指示に従って複数の治療薬を組み合わせることもできます。
できる限りバランスの良い食事やストレスを溜めない生活を心掛けましょう。