• ホーム
  • ジェネリックで安くAGA治療!エフペシア

ジェネリックで安くAGA治療!エフペシア

薬を持っている男性

男性型脱毛症であるAGAは、男性ホルモンによって抜け毛が促進することが分かっています。
本来なら抜けなくていい髪の毛が抜けていってしまうので、髪の毛のボリュームは減っていってしまうでしょう。
AGAは進行性なので放置していても自然に治ることはありません。

そこで、AGA治療薬として注目を集めている薬がプロペシアです。
プロペシアはフィナステリドという成分を含む薬です。
フィナステリドは元々前立腺肥大の成分でしたが、発毛効果が認められAGA治療薬として認可されました。

プロペシアはとても効果のある薬なのですが、自費診療の扱いになるので費用が高いというのがデメリットです。
そこで、フィナステリドを含むジェネリック医薬品として登場したのがエフペシアです。
成分や配合量は同等のエフペシアですが、後から作られた薬なので安いという大きなメリットがあります。

AGA治療薬は飲み続けることで効果を発揮する薬です。
プロペシアで効果を感じることができたから、飲むのを辞めるとだんだんと元の状態に戻ってしまいます。
そこで、ジェネリックのエフペシアを使うことで安い価格で継続的に薬を飲めるようになりました。
AGA治療には興味があったけれども、高価な薬には抵抗があった人にもおすすめです。

値段が安いことで不安に感じる人もいるかもしれませんが、実はフィンペシアとエフペシアは同じ会社が作っています。
パッケージなどは異なりますが、含まれているフィナステリドも同等ですし、非常にコストパフォーマンスが高いことが分かるでしょう。
AGA治療薬は効果が出るまでに数か月かかり、その間薬を飲み続ける必要があります。

ですから、コストパフォーマンスが良いということは薬の飲みやすさにもつながります。
安心して毎日飲むことが出来るので、髪の毛への効果も実感しやすくなるでしょう。
今までプロペシアを飲んでいた人にもおすすめできるのがエフペシアという薬です。

副作用はある?エフペシアの安全性

エフペシアがプロペシアのジェネリックなので安いということが分かりました。
けれども、毎日飲む物なので安全性には配慮したいものです。
プロペシアのジェネリックとして人気のあった薬に、フィンペシアというものがありました。
この薬の成分もフィナステリドでしたが、使用しているコーティング剤に発がん性があるのではないかという話がでて人気が落ちていました。
そこで、エフペシアにはこのコーティング剤を使わないで作ることになりました。
成分はもちろん変わりありません。

また、エフペシアは男性ホルモンに働きかけるので性的な副作用が出やすいと言われています。
性欲の低下や勃起機能の低下といった症状が報告されています。
このように書くと、AGAの治療はしたいけれども、副作用が怖いからやめておこうと考える男性が多いです。
しかし、副作用の発現言率は1%ほどと決して高い数字ではありません。
もし副作用が出たら飲むのを中止するつもりで飲み始める男性もいます。

そして、血圧が上昇しやすくなったり、肝機能障害が起こるという副作用もあります。
それほど重篤な副作用ではなく、こちらの発現率も非常に低い数字です。
フィナステリドによって副作用を感じた場合、飲むのを辞めれば症状はおさまります。
おまけに、服用の中止から3週間ほどで体内から成分は完全に抜け出ることが分かっています。

エフペシアの成分であるフィナステリドは前立腺肥大の薬として長い間多くの男性に使われてきたという実績があります。
ですから、エフペシアの安全性は高いことが分かりました。
薬に対する反応は個人差があるので、もしいつもと違う状態であると感じたら飲むのを中止して、医師に相談しましょう。