ホーム > 育毛 > 育毛に関わる要素:ストレスと薄毛

育毛に関わる要素:ストレスと薄毛

かつて、毛髪のトラブルは男性特有の悩みと考えられていました。しかし近年、多くの女性の間で、薄毛や抜け毛などの毛髪トラブルを抱えた人が増加しています。

毛髪の悩みが増加するのは、40代以降の女性に多いとされています。その原因は、女性ホルモンの1種であるエストロゲンの分泌量が減少するためです。エストロゲンは、毛髪の成長と健康維持に欠かせないホルモンであり、それが減少していくことで、髪の毛が細くなったり、抜けやすくなったり、また全体的に薄くなったりするのです。

しかし近年、髪の毛に悩みを持つ女性が若年化傾向にあると言われています。20代から30代女性にも、薄毛に悩む人が増え、その悩みが深刻化しているとされています。このような、若い世代の毛髪トラブルは、40代以降の女性とは別の原因が隠れていると考えられています。若い世代の毛髪トラブルの原因とは、主にストレスが関連しているのです。過度のストレスが蓄積すると、毛細血管が収縮します。毛細血管が収縮しているため、毛乳頭に十分な栄養が届かなくなり、健康で丈夫な髪の毛が育たなくなる原因になります。

最近は特に20代や30代の若ハゲやAGAの原因にもなっていますね。

ストレスが関連する毛髪トラブルには、生活習慣を改善させることで育毛に導くことができます。正しい食生活と睡眠習慣を身につけ、なるべくリラックスして生活できるよう、生活を改善させることが欠かせません。さらに育毛には、頭皮マッサージも効果があります。強い刺激でなく、優しく気持のよい程度にマッサージを行うことで、育毛に最適な頭皮環境を作ることができます。


関連記事

  1. 髪の毛を美しく保つ方法

    パサついた髪の毛や広がった髪の毛、美しくないですよね。 私流の美髪を保つ方法を紹...

  2. 育毛に関わる要素:ストレスと薄毛

    かつて、毛髪のトラブルは男性特有の悩みと考えられていました。しかし近年、多くの女...